MENU

支払いのことも考えて使っていかなければならない

消費者金融にお金を借りていて返済の期日までに必要な額のお金が用意できない場合、まず急いで借入れをしている消費者金融に返済が遅れてしまう旨の連絡を入れなければなりません。

 

連絡をしないまま返済期日が過ぎてしまうと、信用情報機関に延滞記録が必ず登録されてしまうので、連絡をしないで催促を受けてしまうのは一番問題です。

 

延滞記録が信用情報機関に登録されてしまうと、今後新たに他社の消費者金融で申し込みをしたり、他にもクレジットカードやショッピングローンの申し込みをする場合に影響が出てしまうからです。

 

返済が遅れてしまう旨を消費者金融に連絡すると「いつまでに返せますか。」と質問されるので、その答えは嘘を言わないで正直に答えなければなりません。最近の消費者金融は昔と違い返済がやむを得ず遅れてしまっても柔軟に対応してくれますが、約束した期日になってもさらにお金を返さないでいると二重に約束を守らなかったとしてとても悪い印象になるので絶対に返せる期日を答えましょう。

 

しかしどうしても返せない窮地に陥った場合は、一人で悩まないで法律の専門家に相談してみて対策を立てなければなりません。そのようにならない為にも余裕を持った借入れをしなければなりません。
ダイレクトワン